スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜在意識


久しぶりに妄想ノートを見てたら出てきたのでアップしてみたいと思います(^_^)

高校時代の無自覚シリーズ(?)です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 「渡辺さぁ~ん。」


 廊下を歩いていると慌てる女の子の声で呼び止められて渡辺は振り返った。
 視線の先にはパタパタと必死に走ってくる琴子。
 直樹が近くに居ないのに呼び止められるなんて日頃ないことだけに、慌てて琴子に駆け寄った。


 「渡辺さんっお願い!少しだけ私をかくまって!」

 「かくまうって・・・。」

 「き、金ちゃんがしつこくって逃げてるの~!お願いしますっ」


 いつも仲良くしている金之助だが今回は本当に嫌なんだろう。その証拠に琴子は半泣き状態だ。
 渡辺はとりあえず琴子を自分と壁の間に立たせて見えないようにした。


 「こぉとこぉ~。どこや~?? 今日こそは一緒にかえんでぇ~。」

 
 がに股でドスドス歩きながらこっちへ歩いてくる金之助。
 後ろに隠れている琴子が金之助の声を聞くなりビクッと反応をし、ぎゅっと渡辺のブレザーを握る。
 
 (早く何処かへ行ってくれ!)
 
 渡辺はそう思いつつ金之助を見ていると、ピタっと動きが止まったかと思えば勢いよくこっちに向かって走ってきた。

 
 (ヤバイ!! 見つかった!!)


 渡辺と琴子はこの世の終わりというぐらいの絶体絶命のピンチで冷や汗が吹き出す。
 けれど当の金之助は2人を見ることなく目の前を勢いよく走り去っていく。


 (ア、アレ??)


 渡辺は金之助が走っていった先を見る。
 するとそこには冷静な顔をして金之助を迎えている男がいた。


 「入江~~!!!」

 「・・・なんだよ。馬鹿は朝からずっとうるせぇな。あぁ、勉強疲れなんてF組には無縁だったな。」

 「な、なんやとぉ~?! まぁそんなことはどうでもええ。入江っ わしの琴子をどこへやったんや!!」

 「はぁ?」

 「わしから琴子を奪うんはおまえくらいしかおらんやろが!!」

 「・・・おれがいつおまえからアイツを奪ったんだよ。」


 明らかに面倒くさそうな態度をする目の前の男に金之助はムキー!!と猿のような雄叫びを上げている。
 琴子に絡まれるより更に面倒くさい男、金之助。
 いい加減どうでもよく鬱陶しくなった直樹は「あっちで見た」と適当な方向を指している。
 それを完全に信じこんだ金之助は「はよ迎えに行ったんでぇ~、わしの琴子ぉ~♪」と叫びながら走り去っていった。


 「だ、大丈夫?琴子ちゃん。池沢君行っちゃったよ。」

 「う、うん。ありがとう渡辺さん。」



 2人にしか聞こえない声で会話をしていると、無言で歩いてきた直樹が不機嫌極まりない声で叫ぶ。


 「琴子っ!!」

 「ひ・・・はいっ!!」


 条件反射なのか教師に指名されたときよりもハッキリした声で思わず返事をしてしまった琴子は慌てて口を手で覆う・・・が、もう遅い。
 直樹は渡辺の背中にぎゅうぎゅうとしがみついている琴子を見て眉間に皺を寄せた。
 どうしてか理由は分からないのだが、自分じゃない男にしがみついているのが妙に面白くいないのだ。
 直樹は渡辺にへばりついている小さな物体の首根っこをガシッと掴むとベリっと勢いよく剥がす。
 「あぁ!!」と渡辺に手を伸ばして助けを求めている姿を見て更に苛立ちを覚える。

 
 「お~ま~え~は~!おればかりか渡辺にまで迷惑かけるんじゃない!!」

 「だって~、入江くん居なかったし、居たとしても助けてくれないと思ったんだもん。」

 「だってじゃねぇ!!俺以外の奴にまで迷惑かけんな!!」


 ぷぅっっと頬を膨らませて反論する琴子の両頬を直樹は力いっぱい摘んで引っ張っている。
 ぎゃあぎゃあと目の前で口論している(夫婦喧嘩と周りは呼ぶ)2人に渡辺は漸く仲裁に入る。


 「まぁまぁ入江。俺は迷惑なんて思ってないから、琴子ちゃんも、ね。結果池沢君に見つかってないんだからいいじゃないか。」


 直樹は渡辺の言葉に同調するように「そうそう」という琴子にギロリと睨みをきかすと「よくねぇんだよ。」」と呟く。
 

 「ん?何か言ったか?入江。」

 「・・・別に。」


 明らかに機嫌が悪い直樹。
 琴子が絡んで迷惑を被るのは今や日常茶飯事で、よっぽどの事がない限りは特に怒ることもなくやり過ごしている事が多い。
 今日も特に大事件に巻き込まれた訳ではないのに何故こんなに苛ついているんだろう・・・と渡辺は考える。

 さっきの出来事を思い起こして、ふ・・・とあることを試したい衝動に駆られた。

 渡辺は直樹に思いっきり引っ張られた頬をさすっている目の前の琴子にニッコリと話しかける。


 「琴子ちゃんってさ、A組の男子に人気があるって知ってた?」

 「へ?」


 いきなり何を言い出すんだと全面に表す直樹と聞き慣れない言葉にイマイチ理解していない琴子。
 2人それぞれの反応に渡辺は内心ニヤリとする。


 「ほらA組ってさ、勉強ばっかで休まる時がないんだよ。それに女子は頭が良い分プライドも高いから琴子ちゃんみたいな可愛い女の子に惹かれるんだ。」


 そうだよな?・・・と直樹に同意を求めると琴子も渡辺につられて顔を覗った。


 「渡辺、今日のお前何処かおかしいんじゃないか?」


 直樹は眉をひそめて溜め息を吐く。
 分かりづらい否定的な台詞だが、それを理解できない琴子はボッと顔を赤く染めた。
 女子からは良く思われていないことは何となく分かっていたが男子からどう思われているかなんて考えてもみなかった。
 どっちかというと頭も良い集団だから直樹の様に馬鹿にされていると思う方が早い。


 「大変だよな・・・な、入江?」

 「何でおれが大変なんだよ。」

 「え?入江くんが大変なの??どうして?」


 意外にモテる琴子に近づいてくる男達を無意識で牽制している直樹だがこういう話は専門外。
 二人して理解できないという表情に渡辺は苦笑した。
 心の中ではおかしくて笑いたい気持ちでいっぱいなのだが。
 渡辺は琴子の目線に合わせてかがむとある提案を切り出す。


 「琴子ちゃん、まだこの近くに池沢君が居ると大変だから駅まで送っていってあげるよ。」

 「え?」

 「なんだか入江は今日忙しいみたいだし、きっと入江の性格からそんなことしてくれなさそうだしね。
入江の代わりって言うのには役不足かも知れないけど。」

 「え?そんなこと!でも、そんなの渡辺さんに迷惑かけちゃうから私一人で大丈夫・・・わっ!!」


 手をブンブン振って申し訳なさそうにしている琴子の動きを遮るように直樹は琴子の腕を掴む。
 そして「行くぞ」と歩き出した。


 「また明日な、渡辺。琴子行くぞ。」

 「あ・・・あぁ。またな入江。琴子ちゃんも。」


 引きずられていくように直樹にいきなり連れ去られて行く琴子は「え?え?」何がなんだか分からないという顔で渡辺を見る。
 渡辺はぶっと吹き出したが、咄嗟に息を整えると直樹にばれないように口を開く。


 (ガ・ン・バ・レ)


 きょとんとしていた琴子だったが渡辺の口パクの言葉を知るとぱぁっと満面の笑みを浮かべる。


 「渡辺さぁ~ん!ありがとう~!!また明日ね~!!」

 「琴子!!さっさと歩けよなっ」


 渡辺に何時までも手を振っていることが面白くないのか廊下の先の方で琴子にデコピンを落としている直樹がいる。
 そしておでこをさすりながら「はぁい。」と返事をしその隣を歩く琴子。


 
 (琴子ちゃんが常に自分に向いていないと気に入らないんだよな。
 それが本人全く気付いてないっていうのがまた・・・。)


 
 その場に居なかったから仕方がないのだが渡辺に助けを求めて渡辺に密着していた琴子を見るなり一気に不機嫌になった直樹。
 早く自覚しろよって直樹をそれとなく煽ってみたものの頭では理解していなくてもちゃっかり行動に出ている姿を思い出して渡辺は誰にも遠慮することなくクスクスと笑った。



 (あ~あ。いつまで続くんだろうなぁ。この無自覚バカップルは。)
 

 まだまだ続きそうだな・・・。
 でも退屈な学校生活があの2人のおかげで楽しいんだよなぁ。
 渡辺はつぶやきながら学校の校門をくぐる。

 歩く先には言い合いをしながらも並んで歩く2人の姿があった。


                                 《END》



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
相変わらずな2人なのでした~(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

ヤキモチ全開じゃん!

面白いお話をありがとうございます。いつも楽しませて頂いてます!
無自覚バカップル時代のお話は、入江くんのヤキモチが可愛くて、面白いですね。
今日も笑わせて頂きました!渡辺君も、ママに負けず劣らず、策士ですよね?
ママは、わざと煽ってるけど、渡辺君は、さりげなく、しかもガツンと煽ってるから、入江くんでさえ引っ掛かって、乗っかっちゃうんだから、ママより上手ですかね?笑
渡辺君の学生生活も面白いんだから、一石二鳥ですよね!ふふっ。
でも、間近でバカップルの成長を見るって、健全なうら若き男子には、お目目の毒かもしれませんね!あは!次作はどんなお話でしょ?楽しみにお待ちしています。

いいですね〜無自覚バカっプル
入江君も俺以外に迷惑かけるなって 俺には頼ってこいよ的な… 思わず入江ママのような三日月目になっちゃいます!
二人のやりとりって 周りからみたら羨ましい仲の良さですねぇ。
どっちも鈍感だから周りのママと渡辺君のフォローは必須ですよね(^_^)
楽しいお話ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: REEさま。

こんにちは☆

 むふふ、REEさんの言うとおりですね(*^_^*)
 ママの場合は2人をくっつけようっていう魂胆が丸見えだから入江くんは大警戒で反発しちゃうんですよね。
 でも渡辺君はそんな気はないし「これで何で付き合ってないんだ?!」って思ってる方が強いし、無自覚をいいことに無謀にも入江くんで遊んでます(^_^;)
 無自覚だからこそイジっていこう!!的な。自覚後はそんなことしようもんなら渡辺君も再起不能ですよ(>_<)
 本当、勉強ばっかりの学校生活が楽しくなって一石二鳥ですね♪

Re: さくら子さま。

こんにちは☆

 そうですよ!入江くんにしか迷惑かけちゃいけないんです(*^_^*)
 そこでこれ以上他の男が琴子ちゃんの可愛さに気付いてしまったら大変ですから(>_<)
 そして、渡辺君にもくっついちゃいけないんですよ~。
 こんなに独占欲出してるのに無自覚って・・・。
 琴子ちゃんも好きって言ってそこで先を求めていなさそうですしね(^_^;)
 家ではママが、学校では渡辺君が何とかしてあげないといけませんね~。
 そんな渡辺君は2人の無自覚さに遊んでいるようですよ(^_^)

 無自覚シリーズ(?)は書いてて楽しいです。

むふっ、むふふっ

ヤキモチも独占欲も全開じゃないですか~♪
いい青さですね!この青さがたまらんのですよ!(←変態)
渡辺くんが言ってましたが、琴子ちゃんが自分以外の男を見るのが気に入らないんですよね(^m^)プッ
それならはっきりと「俺だけ見てろ」とか言っちゃえばいいのに、それが言えないのが入江くん!
そしてそれが萌えポイント!
もうニヤニやが止まりません。いいなぁ、この青さ!(しつこい)

渡辺くんには、どんどん入江くんに挑んで行ってほしいです。結果、渡辺くんも学校生活が楽しくなるし、私たち読者も楽しくなる♪
頑張れ渡辺くん!とエールを送らせていただきます!

Re: ぴくもんさま。

こんにちは☆

 ほんと「よくねぇよ」ってヤキモチ全開なのに気付いていないこの鈍感さ!!
 渡辺くんナイスプレイですよね!!
 
 周りの生徒も「あ~ぁ、また夫婦喧嘩してるよ。渡辺も巻き込まれてご愁傷様。」
 なんて、思ってますよ。
 渡辺君は、楽しんでいるようですけどね(^_^;)
 琴子ちゃんも渡辺君に対する信頼度は増すばかり!!
 そして、そんな琴子ちゃんにまた腹を立てる入江くん。
 青いっていいですよね(*^▽^*)!!

 

Re: chan-BB さま。

こんにちは☆

 chan-BBさんにこんなに喜んでいただけるとは!!
 嬉しい限りです♪
 そうですよね!琴子ちゃんは入江くんにしかloveビームしてないのに、苛立ってる(笑)
 他の奴らに頼るな!ビームを送るなっ!!って感じですかね。
 入江くんにしたら金ちゃんは格下の相手なんで、敵の認識すらなく・・・。将来そんな相手に琴子ちゃんを取られそうになって慌ててしまうのですが・・・(^_^;)
 渡辺君は・・・入江くんの唯一話せる相手なんで、どういう位置に置かれているんでしょうね。
 渡辺君に怒るというより琴子ちゃんに怒ってるし。
 青い入江くんは本当に書いてて面白いんです。書いてる最中ニヤニヤで(←バカ)
 王子はアカ~ンって思いながら書いてます。
 
 無自覚も王子も好きと言ってくださって有り難うございます!
 夏休みも終わったので夏休みの神戸のお話は一区切りなんですが、王子を書きたくなったら、王子を東京に帰らせようかと思ったりしてます。琴子ちゃんの電話から男の影を察知しわざわざ牽制しに東京へ行く的な・・・。
 内容は変わらず暴れて見せつけて相手を潰すっていうスタンスは変わらずなんですが・・・。
 どう思いますか?って聞いてどうする!!
 失礼しましたm(_ _)m  

拍手お礼。

紀子ママさま。

 こんばんは☆

 入江くんの無自覚さも筋金入り。好き好き言いつつも入江くんの特別扱いに気づきもしない琴子ちゃんの鈍感さも筋金入り。
 渡辺君も、そりゃイジらなしゃぁないで!!と言わんばかりにイジって煽って遊んで(笑)
 彼だからできるイジり方なんですよね(*^_^*)
 無自覚の入江くんだから「俺だけ見てろ」の台詞は彼の辞書になく、あんな言葉しか出ず。
 自覚あって琴子ちゃんに言ってたらどんな展開が待っていたんでしょうね。
 それこそ、ママが暴走して入江くんの18歳の誕生日と共に入籍ですよ!!
 そんな妄想も面白いと思ってしまいました(^_^;)
 

拍手お礼。

嘉村のとさま。

 わぁ~♪こんにちは☆そしていらっしゃいませ☆
 先日はお邪魔しましたm(_ _)m

 私も楽しみに更新されるのを待っています~!
 この度は拍手と共にコメも残してくださりありがとうございます!!
 遊びに来てくださるだけで嬉しいですよ!!

 無自覚の2人はもう筋金入りの鈍さですから、渡辺君も自分の立ち位置を利用して遊んじゃってます。
 この青さは可愛いかも知れないですね!!
 私も、のとさんの所へ遊びに行かせていただきますね!!
 よろしくおねがいします~!
 

拍手お礼。

むさぴょんさま。

 こんにちは☆

 あはは!確かに渡辺君、大胆で命知らずかも(笑)
 でも長年の付き合いである程度の入江くんの性格を把握してるので、結婚後はそんな恐ろしいことしませんよね!きっと。しようもんなら渡辺君にも容赦なさそうだし・・・。
 今だからイジれる!!やらなきゃ損!!っていう勢い?
 そのおかげもあって学校生活も楽しく過ごしているので良しとしましょう~!!

Re: miyacoさま。

こんばんは☆

 青いですよね!!でもmiyacoさんチの入江くんの青さには敵いません!!大好きなんです!!あの真っ青な入江くんが(≧▽≦)!
 「俺だけをみてろ!!」って言えてたら今度は独占欲大爆発ですね!!
 休み時間は常に琴子ちゃんは膝の上。みたいな。
 miyacoさんの萌えも抑えることができて任務を遂行したって達成感ですよ!!
 ありがとうございます!!

 そうそうファイト~!!いっぱーつ!は書いててあれは入江くんに対するエールのような気がしていたんですがそこには触れずにコメしました。が、ちゃ~んとmiyacoさんには伝わっていて何とも嬉しい気持ちになりましたよ~!!
 例のモノも早く届きますように!!
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。