スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子の安定剤 (白衣の王子様 番外編・後)

 更新できないかもと言っていた割に早く帰ってきた管理人でございます。
 これでは大嘘つきですね(>_<)

 毎日触っていたPCに触れられないと落ち着かなくて・・・。
 片付けを放り出しての更新です(汗)
 


 それではラストです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 





「いっただきま~す。」


 久しぶりの再会で久しぶりの2人での食事。
 東京にいる時でさえ2人で外食することなんてあまりなかった事。
 直樹と一緒にご飯を食べられることが嬉しくて幸せだというオーラを身体中から発しまくっている琴子は注文したミートソースのパスタを口いっぱいに頬ばった。
 直樹とこうやってご飯を食べられるならきっと、カップラーメンでもコンビニのお弁当でもいいのかもしれない。 
 高級なご飯でもないのに幸せそうに食べてる琴子を見て直樹も自然と顔が緩んでくる。


 「入江くんってこんなに沢山食べる人だっけ。」


 パスタを頬ばりつつ琴子は直樹のご飯を見る。
 直樹の目の前にはライス大盛りに分厚く切られたステーキがジュージュー音を立てている。


 「食べて体力付けないと乗り切れないんだよ。特にお前がいると。」

 「え?なんで?」

 「ほら、お前も食っとけ。琴子口開けろよ。」


 琴子が餌を待つヒナ鳥のように素直に口を大きく開けると直樹はふーっと軽く冷ましたステーキを目の前の大きな口に放り込んだ。


 「んっ!!あっつ!!」

 「あ・・・悪い。」


 猫舌の琴子は直樹サイズに大きくカットされたステーキをはふはふと涙目で必死に食べる。
 水を飲んで漸く飲み込むと「はぁー熱かったぁ・・・。」と深呼吸をした。


 「ごめんね~。せっかくふぅふぅしてくれたのに。」

 「いや。別に。」

 「うふふ・・・入江くんにふぅふぅして食べさせてもらちゃった~♪」

 「ニヤニヤ妄想すんなよ、その汚ねぇ口で。怖いぞ。」

 「え?嘘?!入江くん、おしぼり取って!」

 口の周りにミートソースとステーキソースを見事に付けている琴子は慌てて口を隠すが、直樹は琴子の顔をくいっと自分に向けると親指で口を拭い指に付いたソースをペロっと舐めた。
その仕草にうっとりと見つめている琴子の遙か遠くの厨房近くで小さな悲鳴が聞こえた。

 
 「入江くん、その仕草って癖なの?///」

 「なにが?」

 「ううん、何でもない///」


 高校時代の、琴子が直樹の風邪が移って寝込んでしまったあの日も直樹は琴子の口に付いたおかゆを同じように拭って舐めた。(『愛のない看病?』より)
 それは、あれから幾度となく繰り返されてきた仕草だった。
 両思いになる前からその仕草はあったので、やっぱり癖なんだと琴子は思う。
 けれど、誰にでもするわけではなく勿論これは対琴子だからするものなのだ。

 




 「ふぅ~。お腹いっぱい♪」

 「じゃ、そろそろ行くか。」


 伝票をスッと抜くと直樹はレジへ向かう。後ろからとことことついて歩く琴子は直樹が支払いしてる姿を惚れ惚れしながら見つめる。

 
 「・・・今度は何の妄想だ?」


 冷たい視線でギロリと見下ろす直樹に琴子は「あのね、あのね!」と直樹の袖を掴む。

 
 「だって!入江くんがこうやって伝票を抜き取ってお金払ってるのってデートみたいなんだもん~!!恋人っていうか夫婦っていうか~♪もう、なんかとっても幸せすぎるっ」

 
 随分小さい幸せだな、と直樹は思う。
 確かに今まで、こんな風に外で食べるなんてあまりなかった事だがこんな事で幸せそうにする琴子を見るとこれまでしてきた自分の行動が申し訳なくなる。
 でも、思った所で行動を改めるかと言ったらそれは別の話なのだが・・・。
 直樹はニコニコして笑っている琴子があんまりにも可愛くて、自分の傍に引き寄せるとコツン・・・と顔を琴子の頭にすり寄せた。


 「入江くん?」

 「なんでもないよ。」


 また、ポンポン・・・と琴子の頭を撫でた直樹は店員からおつりを受け取った。
 レジを担当している先程の店員は目の前に居るこの甘い男は、あの日頃クールな直樹と同一人物なのか・・・?と疑わずにはいられない。
 そしてさっきから直樹の隣にいるこの女は誰なのか。
 初めて見る琴子に、ここでも直樹を狙っている女達はどんな関係なのか気になって仕方がない。
 レジにいる店員は思いきって声を掛けた。




※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  






 ファミレスから出ると直樹はタクシーを捕まえてマンションまで帰った。
 2ヶ月ぶりに訪れた直樹のマンションは相変わらずきちんと整理してあって綺麗だった。
 けれど、仕事が忙しくてまめに帰ってこれないようで生活感はあまりない部屋だと琴子は思う。
 今日から夏休みの間ここで入江くんと一緒に居られると思うと嬉しくて仕方がない。
 緩んだ顔できょろきょろと琴子が部屋を見渡している間に直樹は洗面所で顔を洗って出てきた。
 琴子は洗った顔を乱雑に拭いてる直樹の傍へ行くとニコリと笑う。


 「入江くん、お帰りなさい。」

 「・・・え?」

 「入江くんがお仕事から帰ってきたら言おうと思ってたの。入江くん、お帰りなさいって。」

 「琴子・・・。」


 直樹は琴子をぎゅっと抱きしめるとそのままキスを落とす。
 この部屋に2人しかいないと思うと当然深くなっていくキス。
 直樹は琴子の口を割って舌を入れ絡ませると思いっきりそれを吸い上げた。


 「ん・・・はぅっ」


 力が入らなくなって縋り付いてきた琴子をそのままベッドに押したおす。
 汗くさいからイヤだと抵抗する琴子にお構いなしに首筋に舌を這わせた。
 顔を振って抵抗する琴子の耳にキスをすると直樹はじっと琴子の顔を見つめた。
 
 帰って、シャワー浴びて、寝るだけの家だったのに琴子が居るだけで殺風景だった部屋が温かく見える。
  
 久しぶりに見た琴子は笑顔ではなく、涙でぐしゃぐしゃになった顔。
 どんな琴子でも可愛いとは思うが、やっぱり一番最初は笑顔の琴子に会いたかったと思う。
 見たかった琴子の笑顔を泣き顔に変えた同僚や余計な事をするファミレスの店員には腹は立つが、こうして触れられる距離に琴子が居ることが何よりもホッとする。
 そして琴子の「おかえりなさい」の言葉。

 直樹は琴子の手を引っ張り起きあがらせると自分の膝に乗せて力いっぱい抱きしめた。
 苦しい筈の琴子は何も言わずに大人しく抱きしめられている。


 「琴子、もう一回言って。」

 「え?」

 「お帰りって。おれ、まだ返事してない。」


 琴子は直樹から身体を離すと目の前の愛しい顔を覗き込む。
 そして、ふんわりと笑った。

 
 「入江くん、お帰りなさい。お仕事お疲れ様。」

 「ただいま、琴子。」


 琴子が居る間、ここに帰れば愛しい琴子が出迎えてくれる。
 じんわり胸に広がる温かいものを味わいながら直樹は琴子を抱きしめ唇を重ねる。
 
 やっぱり琴子がここにいる間はコレはいらないな・・・。
 直樹は琴子の温もりを味わいながらズボンのポケットに入っているタバコをゴミ箱に捨てた。


                                     《END》



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 これで、一応ひと区切り・・・ということで。

 久しぶりに琴子に触れられるという事で、マンションに帰った途端に入江くんが野獣化するコースも考えたのですが、それではあまりにも琴子ちゃんが可哀想すぎるのでこんな感じにしてみました~。
 どんなもんでしょうか・・・。

 夏休み中の神戸編もまだ書いていきたいと思いますが、やっとお祭り参加です☆
 まだ、な~んにも書いていませんが、どんなお話が良いのでしょう?
 無自覚な2人もいいですね(^_^) 
 
 




 
 
  
  

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

王子様シリーズ最高です。

お疲れ様でした。
王子様シリーズの直樹って素直で好きです。
一応区切り・・・でも夏休み中の神戸編?ってありましたね?
楽しみに待ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: miyacoさま

こんにちは~。
だ、大丈夫ですか?!背中をさすってあげたいのに届きません!!

予告であまーーーーい宣言をしましたが、大丈夫でしたか?
2人が再会する事は琴子ちゃんだけが待ち遠しかったわけじゃないんですっていうのを書きたくて神戸編に挑戦しました。
琴子ちゃんがいない寂しさをどうやってやり過ごしてきたのかなって思ったら、タバコを吸って紛らわしてる入江くんが浮かんだので。即、採用。お話の中では吸ってはいませんが。

野獣コースは・・・自重です(笑)押し倒しても琴子ちゃんをベッドから起こしたことを褒めてあげてください!!

miyacoさんのリク了解です。
「書かなきゃダメかな~」と思いつつも敢えて書かなかったんですが、コメントをみて「あ、やっぱり?」って納得しました。
先ずは納涼祭りをば・・・!!で、お待ち下さいね~。

Re: はじめ さま。

こんにちは。

あらあら、たくさんのネタ有り難うございます。
はじめさんも相当お好きですね☆
そうですね、私も見せつけは好きなので思い浮かんだら書かせていただきますね~。

次はやっとのお祭り参加です。
ちょっとスランプ気味で書いては消しの繰り返しですが、更新した際には読んでやってくださいまし。

はじめさんも体調気をつけてくださいね(^_^)

Re: 杏子さま。

こんにちは~。

王子シリーズ気に入ってくださってありがとうございます。
嬉しいです~♪
神戸編は納涼祭りと絡めて書いてみたいなって思うのですが、思うばかりで中々進んでくれません(>_<)

杏子さんに喜んでいただけるように頑張りますね!!

Re: ぴくもん さま。

こんにちは~。

やること山積みなのに、ある意味開き直りでPCにかじりついております(汗)
心のなかではヤバイぞっ!!と思いつつもこうしてるのは大丈夫ってことでしょう・・・。

いつもながら、深いコメント有り難うございます!
なのにこんな薄~いお返事しかできませんで・・・。

このお話は入江くんが琴子ちゃんを恋しがってるというのを奥深くに埋め込んでまして、琴子ちゃんに嫌な思いをさせる人にはとことん見せつけるという何とも曲がった入江くんがここにおります。
人前でキスするのも、タバコを吸い続けるのも琴子ちゃんを思うあまりの行動です。
けれど、それによって琴子ちゃんが恥をかいたりするのは特に何とも思わないようです(汗)
口ペロもその一種からくる行為ですが、単なる管理人の趣味のほうが強かったりして・・・?(エヘ・・・)

そこを踏まえつつこれからも書いていければと思います。 

Re: アヴィゲイルさま。

こんにちは。

やっぱりアヴィゲイルさんもすっぽ抜けたところが気になるんですね。
頭にはぼんやりとあるので、落ち着いた時に形にできればと思っています。
中途半端でスミマセン<(_ _)>

その夜の出来事はもうきっと幸せだったと思います、入江くんが特に。
私も脳内はピンクですよ~♪

拍手お礼

紀子ママさま。

こんにちは。拍手コメントありがとうございます~。

そうですよ~、野獣に変身するために体力付けておかないと!!そして、その体力を受け止めるためにも琴子ちゃんも体力付けないと!!と思って琴子ちゃんに肉食べさせていますよ!この王子!
管理人的には書いてて「食べなくても十分だよ・・・。」って突っ込んでましたけど・・・。

いままでの態度が冷たいと思ってても思って終わる入江くん。
どんな態度をとっても琴子ちゃんが常に自分に向いているという自信があるから態度を改めるつもりが無いのでしょうか・・・。

今、お祭りのお話制作中です。
早くアップできるように頑張りますね☆

Foxさま。

こんにちは!

 このお話はいつも琴子ちゃんばかりが入江くんを恋しがっているのが目立っているけれど、実は入江くんだって寂しくて恋しがっているんだと妄想した結果このお話が出来ました。
 琴子ちゃんが入江くんの何よりの安定剤だといいなって思います☆

凛さま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

うふふ。こういうイタイ妄想している私はちっとも可愛くありませんよー(笑)大分イカれたおばさんだと思っております(爆)琴子ちゃんはとりあえず入江くん一筋で可愛くをモットーに入江くんは原作よりも甘く少し野獣にをモットーに書かせていただいております(^_^;)
王子シリーズは私の妄想が偏った物ばかりですが何気に人気があり可愛がられております♪もうすぐ夏休み・・・神戸編書けたらいいなぁーと思いつつ過ぎていくんだろうなぁ・・・と思う今日この頃です(>_<)

安定剤

本当に、琴子は直樹の安定剤ですね。
二人のラブラブ度がMAXになって良かった~~♡

Re: じぇぐんよんさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

短期間でも漸く一緒の時間を過ごせるようになったんですもん。喧嘩とかあり得ないですよね(^^)
仕事が忙しくてヘトヘトになってもマンションに琴子ちゃんがいるっていうだけで頑張れちゃいますね(^^)
この続きのリクも頂いているので書いていけたらと思っています(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: なおちゃんさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

入江くんにとって琴子ちゃんは大切なかけがえのない人であり心の拠り所。
自分から神戸に行くことを決めたとはいえ平気なんて事はないんですよね。
懐かしいお話を読んでくださってありがとうございます♪
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。