スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春色コントラスト

 こんにちは♪

 ブログを放置している間にすっかり春になってしまいましたね( ;´Д`)
  
 前回更新の管理人が暴走したパロディ絵にはたくさんの拍手をいただきまして何とお礼を申して良いのやらっっ!!
 普段のイラスト更新ではあり得ない拍手数にPCの前でアワアワと感激に震えておりました(>_<)!!
 本当にありがとうございました!
  

 いずれあのイラストはポストカードにしてお配りできたら・・・いいなと思ってます。
 需要があれば・・・ですけどね(^_^;)



 続きには春っぽいイラストを描いたつもりが アレ?どうしてこうなってしまったのだろう・・・? という落書きとなんとなく思いついためっちゃ短い駄文が置いてありますのでよろしければ見てやってください(^^)



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  

 
 

  
 


 夜勤から帰って倒れ込むように睡眠をとる。
 自分では長く眠っていたと思っていたのにふと目が覚めて時計を見てみればいつもより数時間早い昼前。
 まだ眠っていても良い時間なのに不思議と目が冴えてしまっていて窓から見える空は雲1つない青空で大きく背伸びをしたあと起きることに決めた。


 「あれ?入江くん早いね。」


 リビングで雑誌を片手に寛いでいたらしい琴子もおれの顔を見るなり驚いていた。
 そして雑誌を閉じて小走りでおれに近づいてきたと思えばじっとおれの顔を見つめる。


 「なに?」


 そう問えば目の前の琴子はニッコリと笑った。


 「いつもより睡眠時間が短いからどこか調子が悪いのかなって思ったんだけど、顔色良いし元気そうで良かった。入江くん、おはよう。温かいコーヒーで良い?」

 「・・・ああ。」


 琴子の台詞に驚いて短く返事をすれば、琴子はまた小走りでキッチンへと消える。
 確かに昨日は程々に忙しかったはずなのに自分でも驚くほどに頭がスッキリと冴えていて睡眠時間の割に眠気も感じない。
 不思議な感覚を覚えながらさっき琴子が座っていたソファへ腰を下ろした。
 テーブルの上には新聞とさっき琴子が読んでいた雑誌。
 それはレジャー雑誌だった。
 関東全域のレジャースポットが網羅されている雑誌の巻頭には桜の名所の特集されていた。
 某有名な公園や坂道。ドライブスポットや高級店から見える絶景。
 今日みたいな天気の良い日は観光客でごった返しているのだろう。
 これでは桜を見に行くのか人間を見に行くのか分からない。
 特に深く読み込むわけでもなくパラパラと流していると2人分のコーヒーを手にして琴子が戻ってきた。


 「あれー?入江くんが雑誌読んでるーー。」


 珍しいね、と不思議そうな顔をしている琴子からコーヒーを受け取りそのまま口に含む。
 うん、美味い。


 「なんとなく、ね。おまえこそ珍しいじゃん、こんな雑誌あまり買わないだろ。」


 どちらかというと琴子が買うのはファッション雑誌の方が多い。
 一緒にいる桔梗や品川達に影響されているのもあるだろうが社会人になってからはそれなりに服装にも気遣うようになり、頻繁ではないが雑誌を買っては流行を取り入れていたりしている。
 それにこういうレジャー雑誌は行きたくなるからと敬遠していたような気がする。

 
 「んー、そうなんだけど春だからかな、色がすごく綺麗だったから。」


 確かに秋や冬と違ってパステルカラーの如何にも春満載といった表紙だ。
 特に桜色が眩しい。
 琴子はおれの手から雑誌を取るとパラパラとめくり始めた。

 きっと今日は透き通るような青空の下で咲く桜は綺麗だろう。
 小さい花が競い合って咲き誇るその姿は見事でその時間は儚いほど短い。
 あっと言う間に咲いて散って終わってしまうのだ。

 さっきから見られることなくついているだけのテレビも満開の桜の特集で、リビングからも近所に咲いている桜の花が窓から見えた。


 

  


 「天気も良いし、昼飯食いがてら桜見に行くか?」



 いつものおれなら思いつきもしないのに。
 誘われてもただ面倒くさいと思うだけなのに。


 そう思うよりも先に口に出していた。
 案の定、予想外のおれの台詞に琴子はポカンと呆けた顔でおれを見ていた。


 「入江くん・・・?」

 「ん?」

 「気にしなくて良いよ?」

 「何が。」

 
 またそう問えば、琴子はコレ。と手元の雑誌を指差す。


 「あたし、入江くんに連れて行って貰おうとか思ってこれ買った訳じゃないよ?」

 「そうだろうな。」

 
 本当に行きたかったらおふくろや船津を巻き込んでギャーギャー五月蠅いだろうし。
 そう言いながらコーヒーを飲めば琴子は今度はきょとんとした顔を寄こす。


 「入江くん?」

 「ん?」

 「何かあった?」

 「は?」


 おれらしくない発言に今度は心配になったらしい。次はもの凄く不安そうな表情で見つめられて笑うしかなかった。


 「なんにもねーよ。ただ、もの凄く疲れて寝た筈なのに睡眠時間短い割に身体も頭もスッキリしてるし時間も昼飯の時間だし。天気も良いしな。何となくそう思っただけ。」

 「・・・入江くん・・・」

 「ん?」

 「それって、エイプリルフールだとか・・・言わないよね??」

 「はぁ?」


 余程おれからの提案が気持ち悪いとみえる。
 素直に受け取って喜ばない琴子の警戒心はかなりのものだ。


 「今日はもう4月1日じゃないけど?」

 「そうだけど・・・。本当に連れてってくれるの?」


 カフェオレが入ったマグを両手で抱えて少しだけ期待に満ちた目で再確認を寄越す。
 不安と期待が入り交じった何とも言えない瞳。


 「・・・あんまりにも信用してくれないから撤回しようかなぁ・・・?」

 「えぇ?!そんなぁ~」


 コーヒーを飲みながら素っ気なく答えれば身体全体で残念そうに項垂れる。
 期待に満ちていた瞳には期待感はあっという間に消え去り絶望感が滲み出ている。
 

 「冗談。もう少しだけゆっくりしたら出掛けるか。」

 「本当?」

 「ああ。」

 「ホントのホント?」

 「ホントのホント。」


 嘘じゃないよと答えれば、瞳はキラキラ輝き出す。
 瞳だけでこんなに感情が溢れ出てくるなんて本当に凄いヤツ。
 

 「入江くんっ ありがとう!」


 満面の笑みでそう言われておれは思わず笑ってしまった。
 ありがとう・・・ね。
 どっちがありがとうなんだか・・・ね。
 
 
 嬉しそうな顔でカフェオレを飲む琴子。
 その中身は熱い様で一生懸命冷ましながら慎重に口に含んでいる姿におれは改めて思う。

 
  
 20140401.jpg


 
 こんな事抵抗感が勝って口に出すことは殆どないけど。
 自分勝手な言い分だって分かっているけどいい加減おまえも自信持ってくれよな。


 でも今日は琴子が「大好き」と笑いかけてくれたら答えてしまうかもしれない。
 
 「おれも好きだよ。」と。



 どこまでも続くスカイブルーと桜色。
 そして幸せそうな琴子の笑顔があれば。

 春独特のパステルカラーはそんな不思議な力を持っているような気がしてならない。


 


 《END》
 













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ということでどこか春独特の雰囲気に飲まれてしまっている入江くんでした。
 
 お話の内容的にエイプリルフールには更新したくなくて2日の10時45分とか中途半端な時間に予約更新しましたww
 というか、あ~!!!超駄文!!超短い!!そして誰それな入江くん!!
 
 普段の入江くんだったら「至るところに咲いてるのを出勤途中に見てるんだからわざわざ行くなんて面倒くさいし非効率だ!」なんて言いそうですもん(^_^;)

 でもこういうのもたまには良いんじゃないかなぁぁぁ・・・なんて・・・。


 イラストのポイントは入江くんの頬がうっすら染まっているところです。
 そこから琴子ちゃんへの溢れんばかりの愛を感じていただけれたらなぁと思っています。
 たまには素直になっちゃってください、入江くんっ!

 そうそう。どうでもいい話ですが、このイラストですが初めてポストカードサイズで描きました。
 なので印刷時にはきちんと収まってくれるのではないかなーと期待しています。
 最近まともな活動していませんが6月には3年を迎えるのでそこで何かに役立ってくれたらいいなと個人的に思っています。
 

 ここまでお付き合いありがとうございました。

 


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:たまちさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪
今回もルーペ片手に見てくださったのでしょうか?
小さな台詞からお揃いのボーダーまで、いつも隅々まで見てくださるたまちさんには感謝しきれません(>_<)
ポスター?!いえいえそんな恐れ多いですよっ(大汗)でもそんな風に言ってくださったら近々何かポストに入ってるかもしれませんよ?(←迷惑)

今回のお話は桜を飽きずに見てたらふと浮かんできて書きました。
寒い冬が終わり温かな春はかたく縮こまった気持ちもふと解けていくような気がして、きっと入江くんだってデレまでいかなくてもきっと何か感じるんじゃないかな?なんて妄想しました。
心に余裕が出来れば小さな事も目に留まって琴子ちゃんのさりげない仕草に惚れ直してくれたらいいなー、と。(^^)
ほんわかした雰囲気がたまちさんにも伝わっていたら嬉しいです(*^_^*)

Re: ねーさんさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

イラスト、文章共に気に入ってくださって嬉しいです♪
春なので読んで下さった方がほんわか、幸せな気持ちになれるように頑張りました(^^)
確かにこの2人ってお互い大好きなのに不器用すぎて気持ちがなかなか重ならないですよね。
ちょっと素直になれば疑われて、日頃の行いが悪いからそうなるんだぞ!入江くん!!(笑)

このお話を書いてるときは野獣ゼロだったんですけど、ねーさんさんのコメを読ませていただいてから陽が沈むにつれて野獣度が上がっていったら面白いかもしれませんね。ナイス妄想ですよ~!
「昼間は琴子が満喫したから夜はおれを満足させて?」とか訳の分からない理不尽さを色気と共に投げかけていたりして(≧m≦)
・・・あ~・・・私が煩悩にやられてますね・・・自重します・・・orz。
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。