スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばにいること、幸せなこと。

 メリークリスマ~ス~(≧▽≦)!!

 
 ということで、お久しぶりでございますm(_ _)m

 
 ちょっと切ないバカップルですが、お暇なときにお読み下さい(^_^)

 ※最後にイラストが置いてあります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 








 ――――――雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう――――――


 クリスマスイヴ。
 恋人達にとってとても幸せで大切な日。
 街中はイルミネーションに彩られいつもよりキラキラと輝きを放っている。
 テレビの天気予報では今夜、雪が降ると言っていてそしてあの有名な曲の通り、日が変わる頃には雪が降り出していた。


 「うわぁ・・・本当に降ってきた・・・。」


 深夜の見回りの途中、琴子は外の景色を見て思わず言葉を零した。
 東京で雪が降ることはあまりなく、ホワイトクリスマスなんてそれこそ珍しい。
 今、一緒に過ごしているカップル達はきっとロマンチックだと喜んでいるに違いない。
 琴子は窓からそんなカップル達の光景を想像しながらクスクスと笑った。


 「今度は何の妄想だ?」
 
 「わっ!入江くん!!」


 日が変わったばかりの深夜、病棟の談話室で窓の外を見ながら1人で笑っている琴子に直樹は呆れ混じりに声を掛けた。
 世間はクリスマス一色で幸せな空気に包まれているのにもかかわらず琴子は仕事で夜勤。
 今日のような日は誰しもが素敵な思い出を作りたいと休日の申し出をする者が多い。
 琴子だって直樹と素敵なクリスマスを過ごしたいと休みを申請しようとしたが少し出遅れてしまったためにその願いは叶わなかった。
 私もクリスマス気分に浸りたい・・・と落ち込まずに済んだのは直樹も夜勤だからだろう。
 今年のクリスマスは仕事になってしまったけれど離ればなれだったあの時のように新幹線の時刻を気にすることなく一緒にいられる。
 いつものように一緒に過ごせることが実はとても幸せな事であると琴子は嫌と言うほど身に染みている。それは直樹も同じ事で、隣でニヤニヤと妄想に浸る琴子に特に言うこともなく見守っている。


 「やる。お前も休憩中だろ?」

 「うん、ありがとう。」


 直樹の手には缶コーヒーが2本。ブラックとカフェオレ。
 ということは直樹は最初から琴子を探して一緒に休憩を取ろうとしていたことになる。
 今日がクリスマスだから直樹なりに気を遣ってくれているのだろうか。
 琴子は笑顔でカフェオレを受け取ると、いただきます。と早速口を付けた。
 一口飲むだけで身体全体にコーヒーの温かさが広がっていく。
 琴子はコクリと飲むとほっと息を吐いた。


 「おまえ、変わったな。」

 「え?」


 突然言われて琴子はゴクリとカフェオレを飲み込み直樹の顔を見た。
 けれど直樹は琴子の顔を見ることなく窓の外を見ながらコーヒーを飲んでいる。


 「お前のことだから、クリスマスは一緒に過ごしたいとか言って前みたく船津を巻き込むかと思ったんだけど。」

 「・・・。」

 「でもちゃんと仕事優先したな。」

 「入江くん・・・。」


 相変わらず直樹は窓の外を見ていて琴子の顔を見ることはないが、窓にはしっかりと直樹の顔が映っている。
 その顔はとても穏やかで決して嫌味で言ったわけではないと分かる。
 琴子はそんな直樹の表情を見て心がじんわりと熱くなった。
 

 「あたし、すっごく幸せなの。」

 
 琴子の言葉に首を傾げたのは直樹だった。
 

 「あたし、入江くんのお家にお世話になるまでは1人で過ごすことが多かったから。あ、高校になってからは理美とじんこが外に連れ出してくれたから賑やかだったかな。」

 「・・・。」

 「それまではね、お父さんもすごく気を遣ってくれてお店に居ればいいって言ってくれたりしたけど、でも12月って忘年会シーズンでもあるしすっごく忙しいじゃない?だから手伝いとかしながら過ごそうとか思ってたけどあたし不器用だから邪魔することも多くて。だから1人で家で過ごしてた」

 「琴子・・・。」

 「だから、入江くんの家にお世話になって、どんなに入江くんが意地悪でも冷たくされても家族でワイワイ騒いで過ごすことが出来るのってとっても幸せで。そりゃ、クリスマスにロマンチックな所で入江くんとずっと一緒に過ごせたらすっごく幸せだけどね。」


 窓越しに目が合う。
 窓に映る琴子の顔はちっとも寂しそうじゃなく幸せな顔をしていた。ペロリと舌を出して戯けて見せている琴子からは寂しさを感じなかった。
 直樹にとっては家族で過ごすクリスマスはごく当たり前で、大きくなるにつれて面倒くさいとさえ思っていた。そして無意味で無駄なことだと。けれど琴子はそういう時間を過ごしたくても過ごせなかった。直樹は今まで苦痛でしかなかったことがどれ程恵まれていたことかと思い知る。
 

 「琴子。」


 直樹は隣にいる琴子を引き寄せぎゅっと腕の中に閉じこめた。
 その力は力強く、琴子は手にしていたコーヒー缶を落としそうになり慌てて握りしめた。
 

 「入江くん?どうしたの?」


 休憩中とはいえ勤務時間にこんな事をする直樹ではないので琴子は驚くばかり。
 深夜だけれど病棟には沢山の職員が居る。こんな所を誰かに見られたらと思うと琴子は落ち着かない。
 

 「ね、入江くん。どう・・・」

 「夜勤明けたら、飯。食いに行こうな。」

 「え?」

 「何食いたい?」

 「?入江くん??」


 少しだけ緩んだ腕からやっとの思いで顔を上げ、琴子は直樹の顔を見る。
 談話室で話し始めて、この時初めてお互いの目が合った。
 その目はとても優しく真っ直ぐに琴子の目を見つめている。


 「どうしたの?」

 「別に。」

 「なんか今日はすっごく優しい。」

 「なんだよおれが優しくしたら駄目なのか?じゃあ今の話は無かったことに・・・」

 「だ、駄目じゃないよ!入江くんと一緒に居る!」


 腕の中に収まったまま琴子はブンブンと顔を振る。
 ポツリと呟いた自分の一言で直樹の気分を害してしまったのではないかと慌てて訂正しようとする琴子の姿に直樹はクスリと笑う。
 顔を真っ赤にして一生懸命そうじゃないと全身で訴えかける姿はとても愛らしい。

 
 「・・・で、何食いたい?」

 「本当にいいの?」

 「ったく、どっちなんだよ。」

 「だ、だって夢みたいなんだもん!」


 夜勤明けは早朝。この時間に営業しているお店は限られている。
 琴子もそんなにお店を熟知しているわけではないので記憶にあるお店を必死に思い出す。
 クリスマスという日ならば日頃なかなか行くことが出来ない雰囲気のあるお店が相応しい。華やかでグラスに注がれたシャンパンやワインに店内のインテリアが映し出されてキラキラと虹色の世界を作り出すような――――――
 

 「あ・・・。」

 「決まったか?」

 
 琴子は「うん。」と答える。
  

 「あのね、ドニーズがいいな。」

 「ドニーズ?」

 
 琴子のことだからあれやこれやと妄想してクリスマスに相応しいもっと雰囲気のある店を言ってくると思っていたのに。拍子抜けだ。
 自分に気を遣って居るのかと思ったが琴子はとても幸せそうで嬉しそう。


 「だって、夜勤明けの時間に開いてるお店なんてファストフードかファミレスくらいじゃない?でもいつかまた入江くんと行きたいなって思ってたの。駄目かな?」

 「駄目じゃないけど。雪の中またドニーズ?」

 「本当だね、あの時はバレンタインだったけど・・・。」

 「ホント、おまえが押しかけて来なかったら何事もなく過ぎていったのにな。」

 「いいじゃない、今では良い思い出よ!」
 
 「ったく、調子の良い奴。」

 「ね、まだ知ってる人働いてるかな?」

 「もういないだろうな。バイトの奴ばっかだったし。」

 「そっか、でもきっとお店の中は変わってないよね。ふふっ早くお仕事終わらないかな♪」


 ふんわりと笑う琴子。
 そして凄く楽しみだと目を輝かせている。


 「おまえって・・・安上がりな奴。」

 「いいの!入江くんと一緒ならファミレスもフレンチのフルコースだよ!」


 幸せいっぱいに飛び込んでくる琴子を直樹はまた力強く抱きしめた。


 「入江くん!メリークリスマス!!」

 「・・・メリークリスマス、琴子。」


 2人はしっかりとお互いの目を見つめ、ゆっくりと目を閉じた。


 「甘い・・・」
 「苦い・・・」


 お互いの唇が触れた瞬間にそれぞれの香りが口の中に広がる。
 同時に呟いて、2人で驚く。
 そして・・・


 「ふふっ」
 「はは・・・」


 コツンと額を会わせて目をしっかり合わせた後もう一度ゆっくりと目を閉じた。











irikito11-1.jpg










 《END》





〈オマケ〉

 「ちょっと西垣先生何してるんですか?!」

 「ほら、あそこ!見たまえ!」

 「あぁ、バカップル・・・ですね。」

 「日頃鉄仮面の入江の顔!なんなんだあのデレ顔は!しかも仕事中だというのに!」

 「入江先生も琴子も休憩中だからいいじゃありませんか。しかもクリスマスですよ?」

 「他の患者さんに見られでもしたら・・・不謹慎にも程がある!」

 「日中堂々とナンパしまくってる西垣先生に言われたくないと思いますが?」
 
 「桔梗くんは一体誰の味方なんだ?」

 「入江先生に決まってるじゃないですか!!」

 「・・・君だけは僕の気持ちを理解してくれると思ったのに・・・。」

 「何を仰います!西垣先生だって素敵な女性が待ってますよ。」

 「何処に?!」

 「ナースステーションで小百合ちゃんが首をながーくして待ってますよ。」

 「・・・。」

 「何したんです?でも良かったですね。身も心も大きな人が近くにいて。さ、戻りましょう!西垣センセ。」

 「・・・あんまりだっ」

 
 良かったわね、琴子。今年は入江先生と一緒に居られて。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
 クリスマスの貴重な時間を割いて読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

 皆様、素敵なクリスマスを♪


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: YKママさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

こちらこそ温かいコメントありがとうございます。
入江くんとデートしたいとか旅行に行きたいとかいつもおねだりしていそうな琴子ちゃんだけど、根本は入江くんが常に隣にいてくれるということが一番大切で一番幸せだということをちゃんと理解していると思ってたらこんなお話が出来上がりました。そして入江くんはそんな琴子ちゃんの気持ちに甘えてる時があるかな(^_^;)
入江くんの全てをしっかり受け止めて支えている琴子ちゃんて本当に素敵ですよね♪

Re: たまちさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

本当に琴子ちゃんはイベント毎にツイてない・・・。
今回もお仕事だけれど入江くんも一緒にお仕事♪そして今回は直樹が甘い!!
琴子ちゃんにとってそれが幸せで嬉しくて仕方がないという感じでしょうか(^_^)
小さな幸せが一番深い幸せかもしれないですね(^_^)
イラストも見てくださり更に読み返してくださって本当に嬉しいです♪ありがとうございました♪

Re: marimariさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

入江くん、いつもより甘くなっております(^_^)
家に帰ってからも純粋に甘やかしてあげて欲しいと願うばかりなんですが、間違いなく脱線することでしょう(笑)
イラストも喜んで頂けてとっても嬉しいです♪

ゆっちゃんさま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

出会ってから楽しいことも苦しいことも沢山経験してきただけあってお互いの信頼は強く深い。
そんな2人が少しでもお話とイラストから伝わっていたらとても嬉しいです♪
これからも少しでも喜んで貰えるようなお話が作れたらと思います

ハルさま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

幸せ全開!!ありがとうございます~!!
初々しさというよりしっとりとした幸せという感じで(^_^)
残念ながら朝までお仕事だけれど、入江くんにはしっかり妻孝行して貰いたいですよね♪
興奮度が伝わってくるコメントとても嬉しかったです♪
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。