スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見に行こう。 -1-

 タイトルが全然思いつかなくて・・・。
 でもシンプルが一番だと自分に言い聞かせてみる(^_^;)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 うららかな春。

 大学の入学式も目前に迫ってきているある日。
 琴子は遅ればせながら無事に大学へ進学できたお祝いを兼ねて理美とじんこと三人でお花見を計画した。
 いつもならこういう場には金之助ももれなくついてくるのだけれど今回は進学が決まった女達だけで花見をしようと決めた。
 というか、金之助がいると大体面倒に巻き込まれることが多いからそれを避けたいというのが大きいかもしれない。


 今日のお花見の為に紀子は腕に縒りをかけてお弁当を用意してくれた。
 それはお重3段という豪華なもので琴子の大好物がぎっしりと詰め込まれている。
 出掛ける前に豪華なお弁当を見た琴子は飛び上がって喜んだ。


 「わぁ!ありがとうございます!!おばさん♪」

 「いいのよ♪琴子ちゃん楽しんできてね!きっと桜もキレイでしょうねー。」


 紀子も自分の事の様に喜び、そして協力してくれる。
 お弁当の他にも箸や皿、おしぼりまで用意してくれていて至れり尽くせりだ。
 満面の笑みを零す琴子が本当に可愛くて仕方がない。


 「あ~ん♪琴子ちゃん!あなたが本当の娘だったら良かったのにぃ。早くお兄ちゃんと結婚して娘になって頂戴!!」

 「お、おばさん///」

 
 『お兄ちゃん』という言葉をきいて琴子は反射的に顔を赤らめて俯いた。
 実は高校の卒業式後の謝恩会のキス事件以来、琴子はあまり直樹と接していなかった。
 必要以上に意識してしまってどうやって接して良いのか分からないのだ。
 直樹にとって意地悪でしてきたキスだろうがキスはキス!琴子にとって重要なファーストキス!!
 今まで夢にまでみたファーストキス相手が大好きな直樹というのは嬉しいが理想と現実のギャップの激しさといったら。

 琴子がそんな体験をしていたなんて知る由もなく、いつものように紀子が盛り上がっていると・・・


 「人の人生勝手に決めるなって言ってるだろっ 迷惑だ。」


 紀子の妄想をぶった切るかの様な直樹の声がリビングに響いた。
 直樹は母親に遠慮なく冷たい視線を投げつけるとソファに座り新聞を手に取った。


 「琴子、コーヒー。」

 「ちょっと、お兄ちゃん!琴子ちゃんはこれからお花見に出掛けるんだからコーヒーくらい自分で淹れなさい!」

 「あっ!良いんです。あたし、おばさんがこんなに立派なお弁当を作ってくれたしまだ時間ありますから。」


 人に頼み事をしておきながら横柄な態度をとる直樹に飛びかからんばかりの紀子を琴子は制止するとコーヒーを淹れるためにキッチンに立った。そしてこっそりと直樹を窺った。

 いつもと変わらない直樹の態度。
 意識しているが平静を装っておるのか、それとも本当に気にしていないのか。
 あの様子を見る限りでは十中八九後者だろう。そう思うと自分ばかりが意識してあたふたしてバカみたいだけれど。
 それでもいつもの様にコーヒーを頼んできてくれることは嬉しいし張り切ってしまうのは現金かなと思う。


 「はい、入江くんどうぞ。」

 「ああ。」


 カチャンと音を立ててコーヒーをテーブルに置くとそれを待っていたかのように大きな手が伸びて飲んでくれる。
 相変わらず目も合わせてくれないけれど自分が淹れたコーヒーを残さず飲んでくれる直樹の姿が大好きなのでついじっと見入ってしまった。

 
 「なに?」

 「あ、ううん。味、どうかなって。」

 「いつも通り。」

 「そ、そっか!おっおかわりまだあるから良かったら飲んでね!」

 「あぁ、ほら、さっさと行けば?」


 自分がコーヒー淹れろと命令しておいて用が済んだら邪険にあつかう。きっとここにいたらそれはないんじゃないかと紀子でなくてもそう思うはず。けれどまたギャンギャンと噛みついてくる紀子に直樹は相変わらず完全無視を貫いている。
 琴子は興奮している紀子を宥めつつ用意しておいた鞄を肩に掛けると「いってきまーす!」と元気に家を出た。










 琴子はお弁当係、理美とじん子は場所取り係。
 春休みだけれど平日だから余裕だろうと思っていたけれど少々甘かった。公園の中でも広い部類に入る桜並木の両サイドには既に沢山のシートが敷かれている。
 琴子は理美達を探しながら歩いていると少し先から「こぉとこー!」と声がしてきた。


 「こっちだよーーー!」


 この広い公園で直ぐに会うことが出来た琴子は安心しながら笑顔で駆け寄った。
 理美とじん子が確保したのは桜の真下で桜を愛でるのには最高のロケーションだ。
 一つ難を言うなら露店が遠いことくらいか。でも紀子特製のお弁当もあるしそれくらいは気にならないと思う。
 真上の見事な桜を見上げた琴子は興奮がピークだ。


 「凄いね!こんな素敵な場所を取れたなんて頑張ったんだね!」

 「まっかせてよ!勉強は無理だけどこういうイベントにならA組にも勝てる自信があるわ!」

 「そーそー!」

 
 確かに勉強ばかりしていたA組に負けてしまってはF組のプライドはズタボロだ。
 
 三人はシートの上にジュースを出し皿と箸を並べる。
 あとは琴子が持ってきた弁当だけだ。
 高校の昼休み、琴子が持ってきていた紀子特製弁当は色鮮やかで見ただけでも美味しそうでクラスでも憧れの的だった。
 今日はその紀子が作ってくれた特製弁当。理美とじんこはそのお弁当が食べられるからこそ面倒くさい場所取りを頑張ったといっても過言ではなかった。
 早く食べようと急かす2人に押されつつ琴子は鞄の中に手を入れた。


 「あ、あれ?!」


 手を入れても何も掴めない。まさかっと思ってババっと鞄の中を覗いてみるも見えるのは鞄の底・・・。
 頭を突っ込んだまま微動だにしない琴子に嫌な空気が流れる。


 「琴子・・・あんた、まさか・・・。」

 「あたし達がどれくらい早くここに来て場所とってたか知っててやってるの・・・?」

 「あ、あはは・・・家に・・・忘れちゃった・・・かもぉ~・・・。」

 「「・・・。」」


 パカッと種も仕掛けもございませんばりに鞄の底を見せながらとりあえず笑ってみるが、そんなの何の役にも立たない。


 「「琴子ーーーー!!!!」」

 「うわーん!!ごめんなさーい!!悪気はないんですー!!」

 「そんなもんあってたまるかってんのよー!!!」


 お弁当の中身は見たけれど。とっても色鮮やかで美味しそうだったけれど。家に置いてきては何の意味もない。
 琴子は怒り狂う2人の前で心の底から申し訳ないと土下座をして謝るが、朝早くからの場所取りの寝不足と最高潮の空腹で許すなんていう文字は欠片も存在していない。


 「「・・・買ってきて・・・。」」

 「へ?」

 「琴子のおごりで露店で買ってきて!!」

 「「あたし達は空腹過ぎて怒り最高潮なのよ!」」

 
 2人の言うとおり醸し出されているオーラは凄い。
 が、そんなオーラにも負けないというのが琴子という子で。


 「はんぐりーのあんぐりー?」

 
 えへへ・・・と誤魔化してみるがそれは理美とじんこの地雷を力いっぱい踏みつぶしているのと同じだ。


 「「さっさと行ってこーーーーーい!!!!」」

 「はいぃぃぃぃ!」


 琴子はカエルの様に飛び上がると財布を掴み、逃げるように遠くにある露店へとダッシュしていった。













 たこ焼きに焼きそば、唐揚げにじゃがバター。
 色鮮やかな弁当が茶色いジャンクフードに変わる。
 琴子は手一杯にそれらを抱えて理美達の所へ向かった。
 けれどしばらく歩いたところで重大な事に気付いた。


 「場所、何処だったっけ??」


 さっき簡単に2人を見つけることができたから気にしていなかったが、自分の場所がどこか確認するのをすっかり忘れていたのだ。
 同じ様な景色が広がるような花見会場は自分の場所付近の目印を確認するのは鉄則だ。
 けれど琴子は慌てていたために確認せず飛び出してしまっていた。
 自分は今どこにいてどっちの方向に行けば良いか全く分からない。
 琴子達のいる公園の桜並木は十字に広がっていて桜の植樹数も相当なもの。そして露店はその十字の真ん中だ。
 要するに琴子はこのだだっ広い公園で迷子になってしまったということになる。

 せっかく紀子が作ってくれた弁当は忘れるわ、理美とじんこの地雷は踏むわ、迷子になるわでポジティブ全開の琴子でも相当凹む。
 しかもお小遣い前で極貧だった財布もほぼ空である。夢中で買いあさっていたら帰りの電車代も使い切っていた。

 
 「理美ぃ?じんこぉ?」


 声を出してみても盛り上がっている周りの声にかき消されて届くはずもない。
 怒って待っているだろう2人の所に帰るにも帰れなくなった琴子は不安で泣きたくて堪らなくなった。
 が、もうすぐ大学生にもなる人間が迷子で大泣きできるわけもなく、琴子はぐいっと涙を拭うととりあえず前に進んだ。
 確率は4分の1だしなんとかなると言い聞かせながら。けれど、十字路の一本の道だけでも相当な距離があるので琴子は二本歩いたところでとうとう踞ってしまった。


 「足痛いよ~。お腹空いたよ~。さみしいよぉ。」


 見上げればきれいな桜のトンネル。その更に上は澄み切った青空。
 その下では多くの人が顔を綻ばせながら楽しそうに花見をしている。
 きっとこの中でこんなつまらなさそうにしているのはあたしだけなんじゃないかと思う。

 座ってただボーッと周りを見つめること数分。突然背後からポンッと肩を叩かれて琴子は思いっきり振り返った。


 「理美?!じんこ?!」


 探しに来てくれたんだ!と僅かな望みを膨らませて笑みを零してその先を見るとそこにいたのは知らない男2人だった。

 
 「どうしたの?迷子?」


 にっこりと優しく笑っている男2人。
 全く知らない人だけど優しく声を掛けられた琴子は緊張の糸が切れてポロっと涙がこぼれた。
 今までずっと座っていても誰1人困っている自分に気付いてくれなくてもしかしたら自分は透明人間にでもなったんじゃないかと思っていただけに見つけて声を掛けて貰った嬉しさはひとしおだ。


 「ば、場所が分からなくなって・・・」


 ポロポロと涙を流す琴子に男2人は大丈夫だよと声を掛けてくれる。
 琴子は世の中捨てたもんじゃないな、なんて思うがこういうのを世間一般では『ナンパ』というのだ―――――。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 恋人未満(?)の2人の話です。
 しばしおつきあいくださいね(^_^)





 そしてまたまた私事ですが、今月は更新頻度が下がってしまうかもしれません。
 体調は回復しましたが、新年度なのでいろんな打ち合わせがわんさかありまして。
 予想通り小学校、幼稚園、子供会と役が当たったので去年よりも充実した1年になりそうです(^_^)
 子供のために頑張るぞっ!!そしてそろそろ就活もしなければっ!!

 このお話が完結する頃には多分桜も新緑になっていると思いますが、毛虫が出てくる頃までには書き上げたいとおもいます(^_^)


 
 
 
 
  

 

コメントの投稿

非公開コメント

危険が迫る~

おはようございます。
体調が戻って本当に良かったです。でも新学期は忙しいですもんね~。
入江くんの青い頃ですね。琴子ちゃんたらお弁当忘れるなんてさすがです(笑)
なんとな~く紀子がフォローしてくれる予感もするんですが、それよりナンパですよ!
琴子ちゃんたら思いっきり凹んでいるし、素直だから疑わないし大変だわ。
スッパマンじゃなくてスーパーマン入江、助けて~

Re: 紀子ママさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます-

はい~。相変わらず鼻の奥の方にヤツが潜んでいる感じはするのですが、元気になりました(^_^)
本当にご心配おかけしましたですm(_ _)m

お弁当を忘れて更にナンパされてしまった琴子ちゃん。
紀子ママさんが仰るとおり素直で疑うことを知らない子ですから、どうなってしまうのか・・・。
入江スッパマン直樹が早めに登場できるようになんとか調整しました。
病み上がりでなのか、それとも能力がないのかとっても読みづらいお話に仕上がってしまいましたがお付き合い下さると嬉しいです(^_^)
 

shinochanさま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

おかげさまで無事回復いたしました♪
元気になった途端に新学期の忙しい日々にどっぷり浸かっていますが充実しているのは良いことですよね♪
今晩中には続きが更新できそうです(^_^)
宜しければまた覗きにきてくださいね♪
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。