スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Colorful

 皆様、GWはいかがでしたか~?
 連休中、更新がなにも無かったにもかかわらず沢山お越し下さり、拍手も沢山押して下さってありがとうございました!予想以上に過去作への拍手に驚いてしまいました。本当にありがとうございました(*^_^*)

 あ、ちなみに我が家のGWは特に一大イベントも無く、いつものGWでした。
 
 で、休み明け早々に早速幼稚園と小学校の家庭訪問~orz(涙)
 そして幼稚園行事~!!orz(涙)ってなにこの変わりよう?!
 子供はすんごく早く帰ってくるし、私のまったりな創作時間はどこぉぉぉぉ?!
 でも家庭訪問は遠回しに家を掃除しろという意味でもあると思うので、はい。掃除しましたよぉぉぉぉ。
 兜も片付けましたよぉぉぉぉぉ。




 さて、お話を本題に戻しまして(^_^)
ボツ作を引っ張り出し、ほのぼの・・・を目指してみましたが、やっぱり途中からどうもおかしくなってきました(^_^;)
 うん、これがnarackクオリティ~

琴美ちゃん初登場です。






 




 

 「さぁ、みーちゃん!パパを迎えに行こうか。」


 長い冬が過ぎ漸く訪れた春。琴子は琴美を抱いて夜勤で帰宅する直樹を迎えに行きがてら散歩に出掛けた。
 
 春になっても寒暖差が激しくて今までなかなか外に行く機会がなかったが今日は風も暖かく散歩をするには丁度良い気候。
 春の景色は色鮮やかで織りなす景色はとても優しく感じる。琴子はそんな景色を琴美に見せてやりたいという思いもあり視線が低くなってしまうベビーカーではなく抱っこして歩き出した。
 
 


 直樹にばったり会えることを祈りながら通学、通勤で歩いていた道を歩いているとふと小さな公園を見つけた。
 今までは用事があって行くところではなかったから気にすることもなかったが、その公園は桜の木が多くて小さな子供が遊ぶには十分な広さで可愛らしい遊具も備え付けてある。
 琴子は引き寄せられるように公園に入り桜の下に設置してあるベンチにちょっと休憩。と腰を下ろした。
 琴子の頭上を見上げれば桜が咲き誇っている。そして更に上には澄み切った青空。
 琴子は時折はらりと落ちてくる桜の花びらを拾うと琴美にその花びらを見せてあげた。


 「ほーら、みーちゃん。桜の花びら可愛いねー。」

 
 小さな小さな琴美。その小さな琴美の小さな手に桜の花びらをちょこんと乗せる。
 紅葉のような手に乗る桜の花びらは何とも言えず可愛らしい。
 
 
 「こうやって見ると紅葉と桜が一緒にあるみたいだね。」


 好奇心旺盛の琴美は手の中の花びらをぎゅっと握って口に運ぼうとする。
 この月齢ならではの行動、気になるものは何でも口に入れたがる。
 琴子は「だ~め」と花びらを取ると琴美は「あ~、あ~」と琴子の膝の上でばたついた。

 
  
 日に日に大きくなっていく直樹と琴子の愛の結晶の琴美は本当に可愛いと思う。
 親バカだと笑われるかも知れないが琴子は大好きで堪らない直樹との子を授かることが出来て本当に幸せだと思った。
 琴子譲りの大きな目、その目色は直樹と同じグレーがかっている。こんな身体のパーツの一つをとっても2人の子供だという証が見られるのは本当に不思議で愛おしい。
 琴子は自分の膝に琴美を立たせてあやすと「んっきゃあ!」と声を上げる。
 そんな姿が可愛くて夢中であやしていると「こんにちは。」通りがかった子供連れの母親グループにに声を掛けられた。









 昔から人見知りがなく誰とでも仲良くなれるという特技を持つ琴子は初対面の母親グループとすぐに打ち解けることが出来た。
 声を掛けてきてくれた人たちの子供は琴美よりも上の子ばかりで母親の周りを走り回れる子供もいる。
 母親達は子供が遊んでいるのを時折確認しながらママトークというものに夢中になっていた。
 先輩ママの話はなかなか奥深い。子育てのコツやちょっとした知識などを沢山教えてくれるので琴子も気になっていた悩みなども聞いたりした。
 

 「入江さんはこの公園は初めて?」


 子育ての話も終わり、そういえば・・・と1人の母親が琴子に話を振ってきた。


 「はい、今まで何度も通りがかってはいたんですけど。今日はパパがもうすぐ帰ってくる時間なので迎えに行きがてら散歩してたらこの公園が気になって。」

 「まぁ、そうなの。きっとパパも喜ぶわね。」


 というか、公園に入ってしまったら直樹に会えないのではないのだろうかと思うが琴子は全く気付いていない。
 もちろんサプライズで直樹を驚かせようと思っていたりもするので当然連絡もしていない。

 
 「失礼ですけど、ご主人はどんなお仕事を?夜勤のお仕事なの?」


 また1人の母親が琴子に質問をぶつける。


 「あ、医師で・・・」

 「まぁ、お医者さま?!」


 『医師』という言葉を聞いて途端に母親達の目が輝きだした。
 だって日頃こうやって井戸端会議をしているとそのうちネタも尽きてくる。そこに来た新しい顔の琴子。
 こうなればここぞとばかりに聞いてやろうという母親達のオーラを感じて琴子はたじろいだ。


 「どこの病院にお勤め?」

 「と、斗南大病院ですけど・・・」

 「何科ですの?」

 「げ、外科ですけど。」

 「そうなの?じゃあ大病しない限りお世話にはなれないわね。」

 「あ、でも入江くんは将来小児外科にって思っているので・・・」

 「まぁ、じゃあお世話になることもあるかもしれないわね。」


 琴子は芸能人の囲み取材の如く次々に質問に答えていく。直樹のことや家のこと、そして病院のこと。もちろん琴子が自分の旦那のことを『入江くん』と呼んでいることも見逃さない。
 そして・・・。

 
 「旦那様はとても優秀でいらっしゃるのね。」

 「はい!入江くんはそれはとても格好良くて素敵で天才で、完璧な人です!!」
 

 矢継ぎ早に質問され最後の質問に琴子は正直に答えてしまった。
 途端に母親たちがピタリと口を噤む。
 こういうときは謙遜し当たり障りのない事を話せばいいのだが大好きな直樹の話だ。嘘は吐きたくはないし尊敬できる自慢の夫に変わりはない。


 「入江さんってば、相当旦那様がお好きなのね。」

 「はい!今でも入江くんと結婚できたことが信じられなくって!琴美も生まれて幸せなんです。」

 「あらあら、ラブラブね。」

 「はいっずっとラブラブです♪」

 
 母親達が笑顔で答えてくれるがきっと腹の中では苛ついているに違いない。
 こういう場では夫の愚痴、姑の悪口は鉄則だ。
 KYとも取れる琴子の台詞は面白くないだろう。
 そんな時、今まで大人しく琴子に抱っこされていた琴美がバタバタと暴れ出した。
 嬉しくて楽しくて仕方がないように「あ~あ~!」と声を出して。


 「わわ!みーちゃん?!どうしたの??そんなに暴れちゃ危ない・・・」

 「あ~!!っきゃ~~!!」


 力強い足を蹴ってどんどん琴子の肩へとよじ登ろうとする。
 慌てて抱え直そうとしたとき背後から大きな手が伸びて暴れる琴美を抱き上げた。
 驚いた琴子が振り返ると直樹が琴美を抱いて立っていた。


 「い、入江くん!!」

 「琴美でさえおれに気付いたのに何でおまえは気付かないんだ??」

 「な、なんでここに?!」

 「おふくろから電話があったんだよ。おまえが琴美連れて迎えに行ったって。ったく、こんなのとこに居たら会うにも会えないぞ。」
 
 「ご・・・ごめ・・・お帰り、早かったね。」

 「そうか?もう昼だぜ。」


 琴子は公園にある大きな時計を見るともう12時近かった。
 家を出たのが10時前。約2時間此処にいたことになる。
 

 「あのね、入江くん。今日ここで親切なママさんに声を掛けて貰ってね、お話に混ぜて貰っていたの。」

 「ふぅん。公園デビューってやつね。」


 琴子が母親達を直樹に紹介した途端に母親達はババっと身だしなみを整えた。
 心の中で「何自分の旦那褒めちぎって惚気てんだ!」とやさぐれていたが、目の前に居る直樹を見て琴子が思わず褒めてしまう理由が納得できてしまった。
 整った顔立ちに長身で見事にスーツを着こなしている直樹は琴子が言うように医師だけあって頭は良いだろうし確かにこんな男と結婚できたなら周りに自慢したくて堪らないだろう。
 それに、そんな姿で赤ちゃんを抱っこしているというギャップが堪らなく萌える・・・なんてそれぞれ思っていた。
 

 「今日は妻がお世話になったようで、ありがとうございます。今日はこれで失礼します。ほら、琴子。」

 「あの、とても楽しかったです。」

 「い、いえ!お構いもしませんで!!」


 直樹と琴子は頭を下げ歩き出した母親達はその姿を真っ赤な顔で見送った。







 
 それからのこの親子の行動といったら・・・。

 直樹は琴子に鞄を預け琴美を抱え直し「あ~」と手を伸ばしてくる琴美の手をパクッと咥えあやしおでこにキスを落とした。
 隣を歩く琴子は鞄を胸に抱えていいなーと指をくわえそうな勢いで物欲しそうな眼差しで見つめていた。
 いくら何でもこんな公共の場でキスしてもらいたいなんて思わないが、直樹の無償の優しい眼差しを向けられる琴美が羨ましいなんて思う。


 「なに?琴美にヤキモチ?」

 「そ、そそそそんなんじゃないもんっ」

 「ヨダレ垂らして説得力ないな。」

 「えぇ?!」


 琴子は慌てて口を押さえるがヨダレを盛大に垂らしているのは琴美だ。
 相変わらず意地悪な直樹を睨みつつも大事なスーツが汚れてはいけないと背伸びして琴美の口を拭こうと近寄ってきた琴子の唇に直樹はキスを落とした。
 その瞬間、驚いて声も出せなかった琴子の変わりに後方から悲鳴が聞こえた。

 
 「い、いりっ///」

 「なに?してほしかったんだろ?」


 羞恥心も何もない直樹は平然と答える。直樹とのキスは大好きで何回でもしたいが時と場合によりけりだ。
 琴子は「もうっ」と唇を尖らせ、もう一度琴美の口を拭こうと背伸びをすると・・・。

 
 「んぅっ」


 今度は少々濃厚なものは降ってきた。
 予想外の濃いキスに思わず膝から崩れ落ちそうになる。琴子は咄嗟に直樹の腕につかまりなんとか耐えることが出来た。 
 しかしこれではちっとも琴美の口を拭けない。
 二度あることは三度あるという諺は琴子だって分かる。琴子は顔を真っ赤にして直樹にガーゼを投げつけた。

 
 「んもうっ!これじゃあ全然拭けないじゃない!入江くんなんかみーちゃんのヨダレまみれになっちゃえばいいのよ!!」

 「口尖らせて近寄ってくるからだろ。」


 直樹はぶぶっと吹き出し、投げつけられたガーゼで琴美の口を拭いた。
 琴美は「ぱぁ~」と声を上げ、表情豊かで全身で感情を表してくる琴美を愛らしいと目を細めた。
 そして感情丸出しで怒ってズンズン先を歩いていく琴子もまた可愛く愛しい。


 「ママ、怒っちゃったな。どうしようか、琴美?」

 「あ~~。」

 
 しばらく1人で先に歩いていた琴子が振り返り、後ろで繰り広げられる父子の愛の劇場を見つめる。
 後から歩いてくる直樹と琴美の周りに桜がひらりと落ち、風に吹かれて時々舞い上がる。
 その光景はとてもキレイで、それが自分の夫で娘なんだと思うと信じられなくて、でも幸せで。
 やっぱり夢なのかななんて思う。でも琴美は間違いなく自分が産んだ子で、大好きな直樹との子供。
 琴子は目が熱くなるのを感じた。


 琴子は直樹が歩いてくるのを待ってピタリと腕に絡まった。
 

 「もう近づきたくないんじゃなかったの?」

 「あたし・・・幸せすぎて怖い・・・。」

 「なんだそれ。」


 直樹は冗談っぽく軽く笑うが琴子はいたって真剣だ。


 「入江くんと一緒にいられて、可愛い琴美が生まれて。こんなに幸せなことないよね。」


 目にいっぱいの涙を溜めて満面の笑みを零す。
 直樹は片手で琴美を抱えて空いた手で琴子を抱き寄せた。
 
 
 「そうだな。」










 何処までも広がる青空と、満開の桜並木に舞う花びら、腕の中には愛娘。
 自分と出会ったことを今でも涙ぐみながら喜んでくれ愛してくれる琴子。
 そんな人生を歩んでいる自分は本当に幸せだなと直樹は感じた。




 
        《END》




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ボツ作品その2 『サクラ×仲良し親子』でした。


 
 
   
 

  

コメントの投稿

非公開コメント

大好きです♥

こんな入江くんと琴子、琴美ちゃんの家族の情景って幸せのお裾分けをもらったようで大好きです♥
narackさんのこの、ほんわかした後味…大好き♥
毎日更新楽しみに覗いております♪次のお話も楽しみにしておりますね♪

ああ、幸せっ

おはようございます。

朝から幸せなお話を読ませていただきました。幸せってこんな何気ない日常にあるんですよね。
ただ、私が激しくシンクロしてしまったのが(笑)公園のママさん達ですよ。「何、自分の亭主自慢しくさってんのよ。けっ」ぐらいやさぐれてましたよね(≧∀≦)
それが本当に素敵な超イケメンで、誰が見ていても関係ない!でキスされりゃあ~すみません。石投げて良いですか?

琴子ちゃんのこんな何気ない日常にも幸せを感じる気持ちに入江くんもまた幸せを感じる。
こんな夫婦になりたいもんです。(遠い目)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

emaさま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

お忙しい中、遊びに来てくださってありがとうございます(*^_^*)
私もemaさん同様パパっと身だしなみを整えるかも・・・(笑)そして世の中にはこんな人もいるんだ・・・と入江くんを凝視すると思います(^_^;)

ボツ作を気合いを入れて修正した甲斐がありました♪
私も遊びに行かせて頂きますね♪

Re: もりくまさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

毎日覗いてくださっているそうで光栄でございます。
それなのになかなか更新できなくて申し訳ないです。
ほんわか幸せ親子の情景が伝わったようで嬉しいです~(>▽<)
そして毎回ラストの締め方がワンパターンになってしまうのがどうも納得いかなくてアレコレ考えるんですがやっぱりここに着地してしまう・・・という悩みを持っているのですが、大好きと仰ってくださって本当に有り難く思います。
最近ではコレが私の作風なんだ!と開き直ったりして(^_^;)
もりくまさんに喜んでいただけるようなお話作り、頑張ります♪

Re: 紀子ママさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

あぁ!やっぱり激しくシンクロしちゃいました?(^_^)
でもあんなにカッコイイ旦那様ですもん、惚気たくもなりますって~。でもやっぱりママさん達の気持ちもよく分かる(笑)だから紀子ママさんが石投げたくなるのも分かります!
入江くんに至っては微妙は空気を察知しての牽制も含まれているのかも・・・?
琴子ちゃんに害を与えるものは全て容赦なく・・・。でも一番の被害者は琴子ちゃんですけどね~(^_^;)
いろんな困難を乗り越えて結ばれた2人だからこそ日常の些細なことも幸せに感じるのかもしれません。
私も入江くんと琴子ちゃんを見習おうと思います(笑)

Re: KIRA☆さま。

こんにちは☆

初めまして♪コメントありがとうございます♪

実はこのお話は最初琴子ちゃんの公園デビューメインで書いていたんです。
琴子ちゃんとママさんの会話中心で最後に入江くんが出てきて・・・。て感じで。けれどどうもしっくりこなくて一体何が書きたいのか分からなくなって「もうや~めた!」と放置。で、ちょっと視点を変えて書いてみたら意外とまとまったぞ!ってなりました(笑)
新婚じゃなくてもずっとラブラブな夫婦が書けて、そして皆さんに喜んでいただけて♪練り直して良かったです♪

またお時間の空いたときに遊びに来て下さいね♪お待ちしています♪

藤夏さま。

こんにちは☆

拍手コメントありがとうございます♪

公園でも幼稚園でもママトークというものは愚痴祭りなのかもしれません(^_^;)もちろん愚痴以外のお話もしますが旦那との惚気話は禁句かも(笑)

最初、このお話は違う視点で書いていて行き詰まってすぐお蔵入りしました(^_^;)
でも入江くんが人前でいちゃついてくれたお陰でサクサク書ける書ける!!心の中で入江くんに感謝です(笑)
琴子ちゃんに害を及ぼす時に反応するセンサーを入江くんは持っているのかもしれませんね。琴子ちゃん本人は全く気付かないけれど入江くんは直ぐに察知して牽制~(^_^;)入江くんも堂々と琴子ちゃんにキスできて一石二鳥と言うところでしょう。
内心やさぐれてたママ達もここまで堂々とされたら何も言えないし、イケメン旦那が嫁ラブだったらもっと何も言えますまい(苦笑)
純粋に入江くんとの出会いに幸せだと涙ぐむ琴子ちゃんと改めてそれを実感する入江くんを書けて良かったです。
藤夏さんにも幸せのお裾分けができて本当に良かったです♪

ジーン

すごく、胸がジーンとしてあったかくなりました。
素敵なお話ありがとうございます。

Re: じぇぐんよんさま。

こんにちは☆

コメントありがとうございます♪

入江家家族の一コマということで幸せオーラが伝わって良かったです~(^^)
旦那さんの愚痴大会の中、1人惚気るという暴挙にでる琴子ちゃんですが、惚気ても仕方ないわと思えるくらいの旦那さんなら仕方がない!
しかも奥さん大好きときたもんだ(笑)
日常生活の中でちょっとした幸せがいろんな所に散りばめられていることがどれだけ幸せなことかということ思いながら創作したので喜んで貰えて私も嬉しいです(^^)
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。