スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cinderella Express

全く需要は無いのですが、せっかく書いたし、お蔵入りも少し寂しいなって思ったので(^_^;)

『Surprise!!』のモトちゃん目線です。
なんでも来いっていう方のみどうぞ~(^_^)←それ程つまらないという事です(大汗)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









 ほ~んとアタシってばどこまでいいひとなのかしらね・・・。




 今日は12月24日。年間のイベントの中でトップ3に入るほど大事なクリスマスイヴ。
 今日という日は恋人の為にあるって言っても過言じゃない特別な日なのよ!!
 なのに・・・あたしは琴子の勉強に付き合って行きつけのカフェのカウンターに座って窓の外の煌びやかなイルミネーションの下を幸せそうに歩くカップルを見ているだけ。
 そんな中で琴子は『なんか寂しい』とか呟くもんだから、アタシはブチっとキレそうにもなる。寂しいのはコッチの台詞だって言うのよっ!!全く!!

 しかし、勉強するんならこんなとこよりも家の方がはかどるんじゃないかって思うんだけど、それを言ったら『入江くんに会いたくなるから嫌なの』と琴子は言った。まぁ入江さんにぞっこんな琴子だからその気持ちも分からなくはない。だからこうやって貴重なイヴにここに居るんだけどね。
 チラりと横を見れば入江さんに会えない寂しさが爆発したのか大きなケーキを無理矢理口に押し込んでいる。
 ・・・色気なんてまったくありゃしないわね・・・。


 「それにしても・・・」

 「んむ?」

 「入江さんも琴子の性格分かっているならクリスマスのどちらかくらい空けてくれてもいいのに・・・。あ~でもいちいちイベントに振り回されてるのは入江さんっぽくもないか。」


 アタシが窓の外を見ながらポツリと呟くと琴子も両手でカップを持ち、外のカップルを眺めながらポツポツと話す。

 
 「入江くんは厳しい人だから。『クリスマスになんかに浮かれてないで勉強しろー!!』て言ってきそう。とか言いつつもこういう日だからせめて電話でお話したいと思って今日と明日の予定を聞いてみたんだけど・・・。」

 「けど?」

 「今日は学会で明日は夜勤なんだって。」

 「学会?入江さん、今日学会って言ったの?」


 アタシは不思議そうにこっちを覗っている琴子を目の端に追いやって今月の医学部の行事予定を思い出してみる。入江さんが属していた医学科は確か今日学会のアシスタントをする予定があったはず・・・。
 しかも確か学会のメインは小児外科で。場所は確か・・・そうっロイヤルホテル――――。
 それで、入江さんは明日は夜勤・・・って事は・・・・・・ま、まさか・・・?!

 分かりづらいけど、これも入江さんの琴子に対する立派なよね。


 「?モトちゃん?」


 あんまり長い間黙りこくっていたからか琴子が心配そうに覗き込んでいる。
 ちょっと上目遣いで眉毛を下げて。
 そうよね。同姓(?)のアタシでさえこんなに琴子が可愛く感じるんですもの、入江さんなんかもっと・・・それ以上に琴子loveよね。
 最近電話すらまともに出来てないってさっきもぼやいてたし、ツンデレ道を極めてる入江さんがほっとくわけなんてないんだわっ!

 
 「今日はきっとあんたにもサンタからのクリスマスプレゼントが貰えるかもしれないわよ。だってこんな大イベントにも負けずに受験勉強してるんですもの。」

 「・・・ホントかな・・・。」


 きっとそうよ。でも絶対っていう自信はないけどね。
 アンタ、よく言うじゃない『入江くんは厳しいけど優しい』って。大丈夫よ。そう心の中で琴子に話しかけながらポンっと琴子の頭を撫でた。
 琴子もアタシの言葉を信じてくれたようで自分で気合いを入れた後、再びテーブルに広がっているテキストに向かい始めた。

 アンタの素直な所、アタシも尊敬できるわ。きっと入江さんもそう思っているはずよ。












 時間が経つにつれて琴子の集中力も上がってきて見ている限りは順調そうだった。
 そんな中特に何もする事のないアタシは人間観察なんてしちゃおうかしら?
 え?アタシは勉強しなくていいのかって?アタシは日頃ちゃんとこなしてるからクリスマスくらいはお休みよっ


 ええと先ずは琴子の隣にいるのは・・・女子高生ね。手にしているのはアイドル雑誌か~。琴子が広げてる本とは真逆のものだわっ
 しかし今のアイドルってたくさんいるしどんどん出てくるから覚えてくの大変よね、でも可愛い男の子も良いわよね♪入江さんみたいな知的な男ももちろん素敵だけど♪
 じゃあアタシの隣は・・・・・・カップルね。あら、結構いちゃついてるわぁ、外から丸見えのカウンターで・・・。
 げっ!なんなのこのアンバランスな組み合わせは~!!女の方はモデルでも通用するくらいにキレイなのに男の方はなんでこんなにブッサイクなのかしらっ!完全にオタク部に属しててもおかしくない容姿・・・・・・入江さんと並んだら目も当てられないわよねこんなの・・・まぁでも幸せなら別に良いんだけど。

 
 なかなか暇つぶしとしては楽しめた人間観察を終えてコーヒーを片手に外のイルミネーションを見る。
 夜の黒がしっかり落ち着いてきて人工の光達がますます映えて輝いている。
 アタシは自分の世界に入りつつ頭の隅っこでイイ男捜しをしていたら少し離れた所で一人立っている男の人に目がいった。
 その人は結構長身で綺麗にスーツとコートを着こなしている。
 顔は夜っていうのもあってよく分からないんだけど、立っているだけでイイ男と感じてしまうのだから余程イイ男に違いない。
 
 あんな男でもイヴは一人なのね、隣のオタクはアレで彼女が居るっていうのに・・・世の中ってホント面白い。


 なーんて考えてたら外にいるイイ男がどんどんこっちへ歩いてくる。
 コーヒーを含みながら近づいてくる男を確認してみる。
 その顔がハッキリ見えた瞬間、アタシは口に含んでいたコーヒーを吹き出しそうになってしまった。



 

 い・・・っ入江さんっっ!!



 あたしは慌てて隣の琴子と目の前の入江さんを交互に見る。
 アタシってばそんなに挙動不審かしらね・・・入江さんはアタシの慌てっぷりを見るなり「ぶっ」っと吹き出す。
 久しぶりに見る入江さんは一足社会人になったからか少し大人びた気がする。
 
 とりあえず琴子に声を掛けるべきかどうか考えてみるけれど、なんとなく入江さんの反応を待ってみることにした。
 入江さんはというとポケットの中からタバコとライターを取り出すと軽く口にくわえ慣れた手つきでカチッと火を付けた。そしてそれを思い切り吸い込んでふぅ・・・と吐いた。
 あまりにも自然で絵になる仕草に思わず見とれていたらタバコを挟んだ手を口元に近づけて琴子をチラリと見たあとアタシの向かって『シーーー』とだけした。



 や、やっぱりなんてイイ男なのかしら~!!入江さんってば!! 




 そう思うのはアタシだけじゃないらしくって両隣にいる女子高生はアイドル雑誌を放り投げて目の前の入江さんを見ては興奮気味にキャアキャア騒いでいるし、カップルの女の方はオタクのキモイ(この際断言してみる)男を無視して入江さんの方ばかり見ていた。そりゃそうよね。
 んで、肝心の琴子の方はというと――――もの凄い勢いで勉強に集中していた。


 琴子・・・アンタってもの凄いタイミングの悪い女よね・・・。


 もう溜め息しか出てこないわ。
 外の入江さんなんかは愛おしそうに琴子を見つめてすっごく優しい顔をしてる。
 安心したのかもしれない、琴子が頑張っている姿を見られて。ある意味これはこれで良かったのかもしれないとアタシは思った。
 そして入江さんは琴子に声を掛けようとせずくるりと身体を翻しあたし達に背を向けてカフェの窓にもたれかかってしまった。
 もっと素敵な入江さんのお顔を眺めていたいけど、でももうこの背中だけでも感じるこの大人の色気っ!もう素敵過ぎるわ!!しばらくの間、コーヒーを飲みながら両サイドの女達と共に広く逞しい背中を拝んでいたら突然入江さんがくるりと振り返りアタシに合図をしてきた。









 それからの琴子ってば入江さんの存在に気付くなり石のように固まっちゃって。
 カッチンコッチンの琴子に入江さんも苦笑いしていた。
 アタシが何もしなかったらずっとこのままだったんじゃないかしら?
 弾けるように凄い勢いで店から飛び出した琴子はイノシシの様に入江さんの胸に飛び込んでいった。
 涙なのか鼻水なのかヨダレなのか分からないぐしゃぐしゃの顔で。
 でも入江さんも怒ることもなく黙って琴子を抱き留めていた。

 
 大好きで入江さんしか見えてなかった琴子が離れて暮らすことを決意して東京で過ごしてきた9ヶ月。
 琴子、本当に頑張っていたんですよ。寂しいの我慢して、そりゃ最初はこっそり(?)神戸に行ってしまったこともあったけれど本当に頑張っていたんですよ。入江さん、琴子をもっと褒めてやってくださいね。
 入江さんも本当は今日帰ることを言いたかったかも知れない。けれど一番の目的は学会。何事にも厳しい入江さんがそれを疎かにすることはまずあり得ない。
 だから琴子には言えなかったのね。いつ終わるのか分からない学会だから期待させて悲しませたくはないとそう思っていたのね。

 あぁ、やっぱりこの2人は夫婦なんだな。お互い愛し合っているんだなって思ったら涙が出て止まらなくなってしまった。



 琴子。アンタって世界一幸せ者よ!こんな素敵な人に愛されて、愛することができて!


 明日には夜勤の為に帰ってしまうだろう入江さん。
 カフェの店内にはあの有名なクリスマスソングが偶然にも流れている。


 愛おしそうにキスをし合う2人の後ろにはキラキラ輝くイルミネーション。



 「Cinderella Express」



 アタシは思わず呟いた。
 






 入江さんが来たって事はアタシの任務は完了ってことね。
 ってひとりぼっちはアタシだけーー!!?

 なんか益々寂しくなって来たじゃないの!!
 もうこうなったら啓太のアパートに突撃してここぞとばかりに飲んでやるわ!!!!





     《END》





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 って琴子ちゃん目線よりも長いってどういう事でしょう(>_<)
 だってこっちの方が先に出来上がったんですもん・・・(^_^;)




 とりあえずクリスマスに更新できて良かったです♪

 先日のコメントのお返事もなるべく早くいたしますので~!!スミマセン(>_<)お待ち下さい!!




  
 

コメントの投稿

非公開コメント

メロディーを口ずさみながら♪

素敵なクリスマスのお話しを有難うございました。
入江君が神戸で、琴子から離れて仕舞ってて、もう何事もやる気も無いし、ていう琴子の不貞腐れた、元気の無い感じがすごーく滲み出てて、吹き出しながらでもほろりと切なくなりました。
そして読んでいる内に、イリコトが夫婦として愛し合っているからこそ、両者ともにこんな考え方が出来るのかもと感慨深くなりました。適当に学会の時間を融通して琴子に会うなんて直樹も考えないし、直樹が自分のために何かをいい加減にするなんて琴子も絶対に考えないし(あり得ないし)、相手にとって最善なことだけを選んで尊重してる感じがすごーく伝わって来ました。これがただの恋人とは全然違うところかもしれませんね。夫婦として若いなりにも時間を積み重ねて来て、相手の人生をちゃんと引き受ける覚悟が違うというか。
モトちゃんが嘆きたくなるの分かります♪啓太にヤケ酒つきあってもらってね~♪
お忙しい中を更新して頂いたのは重々承知ですので、リコメ等どうぞご負担の無いようにしてくださいね。御気持ちだけで十分嬉しいです。有難うございました。

神戸時代のクリスマス

素敵なお話に、ジンときました。
勉強する琴子を見て嬉しそうにタバコをふかす入江君。もう涙がじんわり溢れてきました。
実は私も同じく神戸時代のクリスマスにチャレンジしてたんですが仕上げる間も無くクリスマスが過ぎ去りました。だからなおいっそう感激でした。
ありがとうございました。

Re: ひろりんさま。

こんにちは♪

コメントありがとうございます♪

このタイトルといえばあのCM!!曲と共にもう伝説になりつつありますよね~(^_^)
私の中ではもしイヴに学会がなかったら入江くんの性格的には東京に帰ろうとはしなかったと思っています。この学会があったからこそ入江くんは東京に来たんです。力不足で書けなかったんですが、実はこの学会を誘いその後に琴子ちゃんに会えるように都合を付けてくれたのは東山先生だったりします。

「夏は奥さんが来たんやから今日は入江君が行って奥さんのサンタにでもなってきぃな~。クリスマスに奥さん一人にさすなんてバチ当たるで!」

的なノリで・・・コレを書くと入江くんの素敵さがガタ落ちの様な気がしますが(^_^;)
でもやっぱり琴子ちゃんを一番に考えている入江くん。前もって教えるというのも優しさかもしれませんが、今回東京にきた一番のメインは学会なので。
そして学会で急に会えなくなって琴子ちゃんを悲しませたくないという気持ちがサプライズに繋がっていくというこんな優しさもアリかな?って思います。お互いを思うからこその行動ですよね(*^_^*)

モトちゃんはこの後啓太宅に直行!朝まで一部始終を吐き出して気分スッキリ♪無理矢理聞かされた啓太は・・・ご愁傷様・・・。結局一番の被害者は啓太ってことで(^_^;)

そして最後にひろりんさんの優しさに感謝いたします。年末は皆様忙しい時期。そんな中でコメントを残してくださることに本当に感謝いたします。遊びに来てくださること、コメを残してくださること全てが私の力の素です♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 杏子さま。

こんにちは♪

コメントありがとうございます♪

あぁ!!杏子さんの神戸のクリスマス(>▽<)!!是非読んでみたいです~。来年まで待ちますから~♪
是非是非!!素敵な作品を書かれる杏子さんから感激という言葉をいただけることが感激です(*^_^*)

このお話は投稿時代に原型は出来上がっていたものを修正したものなんですが、窓越しに琴子ちゃんを見つめる入江くんははずせないっという感じで←どんな感じだ(大汗)離れててもちゃんと頑張ってることが分かって入江くんも嬉しかったんじゃないかなと思います。

紀子ママさま。

こんにちは♪

拍手コメントありがとうございます♪

紀子ママさんはタバコ反対派ですね~(^_^;)私は昔はタバコを吸う男の人を見るとオトナな感じがして萌えたんですが、妊娠した途端にもう完全NO!!な人間になってしまいました(^_^;)これも母性本能なんですかね・・・。もう匂いだけで酔うんですよ・・・乗り物に乗っていなくても。子供を産むとここまで体質変わるモンなんだと驚きました。
↑話が初っぱなから反れましたね。

モトちゃんと琴子ちゃんはずっと一緒っていうのすごくよくわかります~(^_^)
年下だけどお姉さん的存在のモトちゃんは決して裏切ることはしない絶対的な信頼感がありますよね~。そしてこの夫婦間のいろんな出来事全てにこの先も巻き込まれていくという運命・・・。近くでイリコトを見られるのは羨ましいですけど夫婦喧嘩は犬も食わないですからね(^_^;)
入江くんの琴子ちゃんを見つめる眼差しに愛を感じていただけて嬉しいです♪

Re: ちぇるしぃさま。

こんにちは♪

コメントありがとうございます♪

私は琴子ちゃんにする入江くんの不意打ちキスが好きです(^_^)
神戸から帰ってきたあとのパーティー中のベランダでのほっぺにチュウとかには・・・キュン(←バカ)
あぁっ!!このツンデレめ!!って独り萌えている危ない奴なんですよ(^_^;)あ、知ってますね(汗)

確かに琴子ちゃんの周りにはよからぬ虫がブンブン飛んできそうですね~。入江くん、神戸で心配でしょうがなかったでしょうね~。帰ってきてからは西垣先生を筆頭にいろんな虫が飛んでますから殺虫剤片手に奮闘ですね。涼しい顔してめっちゃ必死・・・ぶっ(≧m≦)

ちぇるしぃさんも良いお年をお迎えください~♪ってこんな締め方でスミマセン(^_^;)
プロフィール

narack

Author:narack
☆いらっしゃいませ☆
 こちらは「イタズラなkiss」の二次創作と管理人の好きな物etcをつぶやくblogです。

 イタズラなkissに関しましては管理人の勝手な想像、妄想によるものですので二次世界が苦手な方はご遠慮ください。
 また、作者様、出版社様、その他関係者様とは一切関係ありません。

 管理人の創作で少しでも笑顔になれたら嬉しいです。
 皆様がHAPPYになりますように。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在のお客様
現在の閲覧者数:
☆リンク☆
Swinging Heart (ぴくもん様)
こんぺい糖と医学書 (千夜夢様)
*初恋* (miyaco様)
雪月野原~snowmoon~ゆづきのはら (ソウ様)
Embrasse-moi (えま様)
みぎての法則 (嘉村のと様)
真の欲深は世界を救う (美和様)
日々草子 (水玉様)
むじかくのブログ (むじかく様)
みんなのイタKISSブログ (ルン様)
Snow Blossom (ののの様)
『ハピ☆スマ』バナー
相互リンクはイタズラなKissの二次創作サイト様のみ受け付けております。 その他のサイト様とのリンクは受け付けておりませんのでご了承ください。 ☆イタキス創作家様へ☆ お持ち帰りの際は、ご連絡をお願いします。
☆新しくバナーを追加しました♪リンクされている方はお好きな方をお選びください☆
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のハマりもの♪
なんだか気になって仕方がない 『うたプリ♪』 ※曲が流れます♪        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。